「本 社会・政治 」でさがす。

am

今こそ、韓国に謝ろう

売り場で確認!

am

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

売り場で確認!

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) [単行本] [Oct 21, 2016] リンダ グラットン、 アンドリュー スコット; 池村 千秋

am

「小池劇場」が日本を滅ぼす (幻冬舎単行本)

売り場で確認!

豊洲移転延期、東京五輪・パラリンピック見直し、内実のない小池劇場……。ないない尽くしのワイドショー政治、“パフォーマンスの女王”小池百合子と日本は心中するのか?いらぬ混迷を招いた張本人、小池百合子都知事の「暴挙」と「罪」を、誰よりもこの問題に詳しい、気鋭のジャーナリストがぶった切る!<以下、まえがきより>都政史上、きわめて異例なことだが、小池は、20年近くかけて進められてきた卸売市場移転という大事業を、一人で「延期する」と決めたのだ。彼女流に言えば、「私が決めた。わかりやすいでしょ」ということだろうが、ならば、これにより生じた巨額の損害は小池一人が負うべきである。<略>ビジョン・政策がなく、正当な手続きがなく、ファクトに基づくロジックがない。ないない尽くしで、ただ騒がしく他人を叩くだけのワイドショー政治。これは、けっして東京ローカルの問題でも、単なる権力闘争の一幕でもない。日本がゆっくりと自壊の道を進んでいく、その恐るべき一幕ではないか。

am

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

売り場で確認!

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。

am

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

売り場で確認!

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地! 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!

am

東大ナゾトレ 東京大学謎解き制作集団AnotherVisionからの挑戦状 第1巻 (扶桑社BOOKS)

売り場で確認!

クイズ番組『今夜はナゾトレ』(フジテレビ毎週火曜よる7時から放送中)の人気コーナー「東大ナゾトレ」が一冊の本に。頭がやわらかければ小学生でも正解できるが、頭が固ければ大人でも苦戦してしまう問題が満載。試されるのは、あなたの知識ではなくひらめき力です!第1回から第8回までに放送された問題に加え、書籍オリジナル問題も掲載。さらに最後には、本を読んだ人にしか解くことのできない、あっと驚く「最終問題」も掲載。※Kindle版は2017年6月13日よりアップデート版を提供しております。それ以前に購入された方は「アカウントサービス」の「コンテンツと端末の管理」よりアップデートして下さい。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

am

日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル (青林堂ビジュアル)

売り場で確認!

「チバレイも納得! 」 柔軟に保守を語る政治家 和田政宗が身近な疑問に答えます! 主な質問Q保守とは何ですか? 革新とは何ですか?Q憲法第9条で平和が守られたというのは本当ですか?Q共産党が9条に反対していたというのは本当ですか?Q中国が南シナ海を制圧しようとしているのはなぜですか?Q竹島を韓国から取り返すことはできないのですか?Q北朝鮮による拉致(らち)事件はなぜ起きたのですか?Q沖縄の真実の声は、本当に反基地・反米軍なのですか?Q日本は韓国や台湾を植民地にしたのですか?Q慰安婦の強制連行はあったのですか?Q女性天皇と女系天皇の違いは何ですか?

am

韓国人に生まれなくてよかった

売り場で確認!

「韓国の熾烈な格差・競争社会を生き抜くのはあまりに過酷だ。私と同じような社会的キャリアを、私は韓国社会で歩める自信はまったくない。私には韓国人は務まらないと思う。さらに、北朝鮮クライシスのこの期に及んで、韓国人は親北反日の文在寅(ムン ジェイン)を大統領に選んでしまった。私が会ったとき、彼は北朝鮮のことしか頭になかった。経済政策に疎いポピュリストの彼はバラマキで支持を得ようとするだろうが、これは失敗が見えている。そうすると、次は必ず露骨な反日政策を執って来るだろう。そのとき日本は毅然と臨むべきだ。そして、日米とのすきま風が韓国をさらなる窮地に追い込むだろう」著者は元駐韓大使ならではの鋭い分析と情報で「文在寅クライシス」に警鐘を鳴らす。そして、「韓国人は“韓国に生まれてよかった”という国にしてほしい。そのためにも、日韓にとって無益な反日に逃げ込むのは、もうやめるべきだ」 と、韓国人たちにエールを送る。元駐韓大使だからこそ書けるディープな韓国分析の決定版!

am

日本中枢の狂謀

売り場で確認!

提携サイト

ページトップ

 Loading