建物の防水工事なら株式会社昭建|富山県高岡市

一級技能士たちが施工にあたり、安心価格で確実な施工を実現します。

ホーム ≫ サービス ≫

サービス

アスファルト防水

アスファルト防水

アスファルト防水は、アスファルト製のルーフィングシートと呼ばれる防水シートを張り合わせていく防水工事です。

防水工事の中でも最も歴史が古い工法です古くはノアの箱舟もアスファルト防水が使われたといわれてます。

その防水性・耐水性の高さから現在でも広く採用されており、昔から信頼され続けている防水工事です。

アスファルト防水には主に、加熱により溶けたアスファルトを用いてルーフィングシートを張っていく「熱工法」や、トーチバーナーで炙りながら張る「トーチ工法」、特に加熱を必要とせず臭いや煙の発生が抑えられる「常温工法(冷工法)」といった種類があります。
新築や改修、平屋根、道路、橋など、幅広い建設工事の分野で適応されております。

シート防水

シート防水は、塩化ビニル系や加硫ゴム系の防水シートを施工箇所に固定、接着していく防水工事です。

固定方法には、専用の固定金具を使用して、機械的に固定させる「機械固定工法」や、専用の接着剤を使用する「接着工法」があり、施工したい場所に合った工法を選びます。

塗膜防水

_0000_ウレタン塗膜防水

ウレタン防水は、場所を選ばずに施工できることが人気の理由です。
他の防水工事と比べると簡易的にできる面もあります。

浸透性防水

混合した材料をコンクリートに塗ることでミクロな隙間に浸透していき、コンクリート自体の防水機能を高める工法となっています。

それに加えて、コンクリートの劣化防止やひび割れの防止にも効果があるので、建造物の耐久性を高めてくれます。
また、溶剤を使用することもないので、作業環境がいい状態で施工を行うことができ、環境にも適してます。

FRP防水

FRP防水

FRP防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという点があります。

FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。
従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。

またFRP防水は最近注目されている工法で、「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」を利用します。耐久性や強度に優れており、バルコニーや屋上駐車場などでよく採用されています。

シーリング防水

_0001_シーリング防水工事

外壁のコンクリートとコンクリートの隙間(つなぎ目)をシーリング材で埋める修繕工事です。

主に外壁の隙間・サッシ廻りなどに、ウレタン等などのやわらかい材質を充填し、防水を施します。そして防水層を構成し、目地や隙間からの水の浸入を防ぎます。

止水工事

止水工事とは、建物の漏水している部分を補修して水漏れを止める工事です。
原因の調査や処置に高度な技術と経験が必要になります。

その他サービス

その他、防水工事以外にも、外壁改修工事、塗装工事、仮設足場工事を施工しております。

お問い合わせはこちら

サブメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社 昭建スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら